陶房木賊が使用する釉薬の種類と原土、菊練り、作品への変化

粘土と釉薬

この教室では全ての粘土と釉薬を調合して、様々な年度9種類とオリジナルの釉薬を18種類、化粧土を3種類用意しています。焼成方法と組み合わせると500パターン以上の色が出せます。

お問い合わせ・お申込み

陶房木賊 - [とうぼうとくさ] 担当:伊藤 真一

TEL/FAX 0265-76-1667