陶房木賊が使用する釉薬の種類と原土、菊練り、作品への変化